もしも鍵を失くしてしまったら…

鍵のトラブルは時々起こってしまうものですが、特に焦ってしまうのが鍵を紛失してしまった時ではないでしょうか。ここでは鍵を紛失してしまった時に考えたい、鍵を紛失してしまいやすい場所について触れていきます。

鍵を紛失してしまいやすい場所BEST5

no.1

洋服のポケットの中

鍵を紛失しまった際に、まず確認したい場所として挙げられるのが洋服のポケットになります。鍵を利用した際には、特に意識する事なくポケットに鍵をしまってしまうような方も多くいらっしゃいます。

no.2

鞄の奥底に

鞄の中に鍵が紛れてしまい、見つけられないという事があります。鍵がどうしても見つけられないという場合には、鞄の中を良く探してみてはいかがでしょうか。鍵が鞄の奥底に入り込んでしまっている場合もありますよ。

no.3

玄関や靴箱の上

鍵が無くなったというトラブルでありがちなのが、玄関に置きっぱなしにしてしまうという事となります。玄関でも特に、靴箱の上に鍵を放置してしまう方が多いでしょう。帰宅した際には、鍵の置き場所を決めておく事が望ましいと言えます。

no.4

トイレに置き忘れ

置き忘れが頻繁に発生してしまう場所として、トイレを挙げる事ができます。特にトイレに行くとほっとしてしまいますから、鍵や財布など重要な持ち物を置いて出てしまう事も多々あるのです。

no.5

車内に置き忘れ

鍵を紛失してしまいやすい場所として、車の中も挙げられるでしょう。車の中で鍵を落としてしまうとシートの下にもぐりこんでしまい、なかなか見つけ出す事ができないといったトラブルが発生してしまう事もありますよ。

防犯対策で考えたい事

ドアを交換する

防犯対策として有効となるのが、ドアの交換を行うという事になります。鍵が二つ備え付けられているドアに交換する事によって、セキュリティー面を向上させる事が可能でしょう。またドアの立て付けが悪い場合にも、防犯面を考慮し交換を行う事をお勧めします。

ドアノブを交換

ドアノブに不具合が発生してしまう事で、不法侵入の被害が発生してしまう事もあるでしょう。盗難被害の中にはドアノブを壊して家屋に浸入するようなケースもありますから、ドアノブが壊れていると感じた際にはドアノブ交換を検討する必要があるのです。

防犯のライトを導入する

玄関に人が通ると、ライトが点灯するといった防犯対策を行う事ができます。特に夜の間の不法侵入を防止する際におススメできる方法だと言えるでしょう。ライトが付く事によって手元を明るくでき、鍵を確認しやすくなるといったメリットもありますよ。

窓の補強を行う

不法侵入の手口として、窓を壊すといったものがあります。そのため窓を丈夫にするような施工の依頼を検討してみてはいかがでしょうか。例えば窓に鍵がある場合には、二つに増やしてみるといった対策も有効となりますよ。

防犯ブザーを設置する

防犯対策としてお勧めできるのが、不審者が侵入した際に作動する防犯ブザーを設置するという事です。ブザーが鳴る事で周囲の住民にも異変を知らせる事ができますから、不在の時であっても効果を発揮する事が出来るでしょう。

鍵のトラブル事例を確認!こんな時は業者に頼ろう

家の模型と鍵を持つ人

鍵が開けられない

鍵でよくあるトラブルとしては、鍵を開ける事ができないといった事が良くあります。鍵を紛失してしまう事によって、鍵を開ける事ができないケース、内鍵によって鍵が挙げられないといったケースもあるものです。鍵のトラブルが発生した際には、千葉の鍵屋に鍵開けを依頼するようにしましょう。

鍵の交換を行いたい

自宅では盗難の被害に遭ったり、引っ越しの際には鍵の防犯性に不安を感じるような事もあるかと思います。そのような防犯対策のために鍵の交換をお願いしたいと考える事も多くあるでしょう。ピッキングによる不法侵入を防ぐためにも、防犯性の高い鍵への取り換えを依頼するような事も可能となっています。