鍵を紛失したら行いたい「対処法」をチェック!

鍵が紛失してしまったら届け出を出そう!鍵開け必須の場面とは?

security information

こんな時には…

鍵を紛失してしまうといったトラブルで、鍵開けの業者を利用しなければならない場面に遭遇する事もあるものです。どのようなシチュエーションで鍵開けを行うべきなのか、以下で例を挙げていきます。

鍵開け必須なシチュエーション

玄関が開かない

玄関が開かないといった事態に陥ると、非常に困ってしまいますよね。さらに玄関の鍵を紛失してしまうと、防犯面で心配になってしまうものです。玄関は構造上でも頑丈に造られているものですから、業者に鍵開けを依頼するようにしましょう。

車のドアが開かない

車の鍵を紛失してしまい車のドアが開かない、もしくは車内に鍵を残したままロックをかけてしまうといったトラブルが発生してしまう事があります。このような事態でも業者へ依頼される事をお勧めします。

金庫が開かない

高価なもの、大切な物品を保管するために金庫を使用するような事もありますが、金庫が開ける事が出来ないといったトラブルが発生すると非常に困ってしまうものですよね。金庫はそれほど使用頻度が多いものでは無いですから、鍵をいつ紛失してしまったのか分からないケースもあるでしょう。

ロッカーが開かない

比較的小さな鍵である事が多いのが、ロッカーではないでしょうか。そのためロッカーの鍵を紛失してしまう事が多くあるものです。ロッカーは無理やり開ける事が困難なものとなっていますから、このような場合も業者に鍵開け・鍵交換を依頼するようにしましょう。

シャッターが開かない

シャッターは屋外に面しているものですから、鍵が差し込めなくなったといったトラブルが発生してしまう事も多いでしょう。営業時間が差し迫っているような場合は、急いで業者に依頼する必要があるものです。このように鍵穴に何かが入り込んでしまう事で、開錠できないといった問題も多く発生してしまいます。

鍵を紛失したら行いたい「対処法」をチェック!

積み木と鍵

対処を確認しておいて

気付いた時には、鍵が無くなってしまっていた…そのようなトラブルは頻繁に発生してしまうものです。特に鍵は常に持ち歩くことも多いものですから、紛失してしまうリスクが高いと言えます。鍵を紛失しまった際には慌ててしまう事も多いと思いますから、鍵を失くしてしまった時の対処方法について確認しておくと良いでしょう。

連絡を行うように

鍵の種類によっては、連絡を行う必要がある場合もあるものです。例えば会社の建物に関係する鍵を紛失してしまった際には、会社にその旨を伝える必要があるでしょう。鍵を失くしてしまう事で、防犯面に大きな影響を与えてしまう事もあるものです。大きな被害を招いてしまわない為にも、連絡を行う事が必須となります。

警察に届け出を出す

紛失してしまった鍵を見つけ出す事が出来ない場合、警察に届け出を出す必要があるでしょう。外で鍵を落としてしまった場合には、警察に届けられる可能性もあるものなのです。紛失届を提出しておく事で、鍵が手元に戻ってくる可能性があるでしょう。